初めての方へ(猫の飼い方)

マーベラスキャットはTICA登録キャッテリー

マーベラスキャットはTICAに全頭登録しています。
The International Cat Association(TICA)とは純血種およびハウスホールド・ペット(HHP)猫の 世界最大の血統登録機関であり 、かつキャット・ショー公認機関としても世界最大の団体の一つです。

TICAの会員が、猫のオーナーやブリーダーとしての責任を十分に果たし、純血種猫の血統の保全および全ての家猫の健康と福利の推進に一致団結して取り組む奨励をしています。

子猫の譲渡までの流れについて

STEP1 お気軽にお問い合わせください

ご希望の子猫の種類、カラーなどどんな些細な事でも結構ですので、お気軽に電話、メールなどでお問い合わせください。子猫を飼うのがはじめてな方にもわかりやすくご説明させていただきます。

LINE ID : terabon80

STEP2 見学希望の子猫がお決まりになられましたらご予約下さい

今日今すぐこの子を見たいという方でも予約可能であれば喜んでお受けしますので、
まずはお気軽にお問合せください。

STEP3 実際に見学して頂き、ご希望の子猫が決まりましたら契約の手続きをします

実際に子猫を見て頂き、ブリーダーよりご説明させていただきました内容にご納得頂きましたら、販売契約書にサインいただき、代金をお支払願います。

STEP4 譲渡前にご準備下さい

子猫の譲渡までには以下のものを事前にご準備下さい。


トイレ

猫はとっても綺麗好きな動物です。一度トイレを覚えたらめったに粗相はしません。マーベラスキャッツではトイレトレーニングを終了した子猫をお引渡しするようにしておりますが、環境の変化などでお引越し直後は戸惑う子もいるかもしれません。
そんな時でもご家族様の愛情を持って接して頂ければかならず覚えてくれるようになります。トイレは子猫が落ち着ける場所に用意してください。
いろんな形の猫トイレが販売されておりますので、ご家庭の雰囲気に合うトイレを見つけてあげてください。
トイレは猫の頭数プラス1個あるのが理想です。


猫砂

猫用の砂にはいくつか種類があり、価格も様々です。種類として、燃えるゴミにそのまま捨てられるものや、トイレに流せるタイプもあります。どの砂が一番いいというわけではないので、実際に使ってみて子猫との相性や飼い主さんの環境や好みで決めましょう。


エサ皿(水皿)

基本的な餌皿には、プラスチック、ステンレス、陶器などがあります。餌を入れるための餌皿は、人間用の食器でも与えることはできますが、衛生面を考えて、人と猫のものは別々に用意してあげましょう。
猫の受け皿選びはとても重要になってくるかと思います。食器を選ぶときのポイントとして、子猫用は小さいものを選び、成猫用は大きいものを選ぶようにした方がいいと思います。
猫も食器の大きさや質によっては食べる頻度が変わってくる事もありました。容器の大きさををしっかり決めることで、餌が食器周りに飛び散るのを防げます。ぜひ猫が使いやすいものを選んであげましょう。それと、猫の受け皿は、餌と飲み水の容器は分けたほうが洗うときに簡単です。


猫のおもちゃ

猫がストレス解消するためにおもちゃは必須です。基本的なおもちゃとしては、じゃらし棒などがいいと思いますが、おもちゃの好みは猫によって違いますのでいくつかお試しください。遊ぶときにはなるべくおもちゃを使うことをお勧めします。手を使って遊んでしまうと爪や牙で怪我をしてしまったり、子猫のうちに手がおもちゃだと思ってしまうと、飼い主に噛みつく癖ができてしまうことがあります。

おもちゃにも種類があり、なかなか一緒に遊ぶ時間がとれないときは一人で遊べる用のおもちゃもあります。室内飼いの猫はストレスも多くなるので、適度に遊んであげるか、一人遊びできるおもちゃがおすすめです。


爪とぎ

猫を飼うなら爪とぎを用意しておくことをお勧めします。猫は爪が伸びてくると、定期的に爪とぎをしますが、専用の爪とぎがないと家具や壁などで、といでしまうことがあります。爪とぎを用意しても家具などが被害を受けることがありますが、用意しておくことで被害を最小限にすることができます。


爪きり

猫の爪とぎ被害をなくすために、定期的に爪を切ってあげることが大切です。爪が伸びていないか小まめに確認しましょう。爪の伸び具合は個体差がありますが、数ヶ月に一度確認する癖をつけてみてください。
ただし、爪切りは、猫が暴れたり、慣れていないと難しい場合があります。その場合は、動物病院で切ってもらえるので利用してみてください。


キャリーバッグ

外出時、猫を抱えて持っていくのはおすすめしません。何故なら逃げ出す可能性が大だからです。事故に合う危険性と行方知らずになる恐れがあるので、必ずキャリーバッグは使ってください。
キャリーバッグは猫を病院に連れて行くときやちょっとしたお出かけ用のものです。なかには用事のため人に預けるときに使う人もいるかもしれません。持ち運びするものなので丈夫で軽いものを選んだ方がいいですね。
頻繁に使うものではないですが、いざというときに使えるので一つ所持していると便利です。


猫用のブラシ

猫の抜け毛や、毛がからまるのを防げます。特に長毛の猫は毛玉が胃の中に溜まりやすいので、一つ持っておくことをお勧めします。また、老猫はグルーミング頻度が減ってしまうことがあるので、毛がからまりやすいです。飼い主がブラッシングを手伝ってあげましょう。他にもブラッシングすることで、部屋に飛び散る毛を減らすことができます。


猫のベッド

場合によっては猫のベッドはメリットがたくさんあります。1つが猫の寝床を分散させないことで、毛の飛び散りを防げることです。もう1つが寝床を用意してあげることで猫の落ち着ける場所を提供できることにあります。
猫は習性として、狭い場所を好むので、クッションタイプよりも、周りに壁がある穴ぐらタイプをお勧めします。


子猫見学申し込み

[contact-form-7 404 "Not Found"]